コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスキモー・アレウト語族 エスキモーアレウトごぞくEskimo‐Aleut

世界大百科事典 第2版の解説

エスキモーアレウトごぞく【エスキモー・アレウト語族 Eskimo‐Aleut】

エスキモー語アレウト語からなる。両者の類似はすでに18世紀後半に気づかれているが,初めて同系の証明を企てたのは,印欧比較言語学史に有名なラスクRasmus K.Rask(1787‐1832)である。原エスキモー・アレウト語から二岐的に分かれたというよりむしろ,古くはさらに別の同系の言語があったと推定され,原エスキモー語も原アレウト語もベーリング海峡近辺におそらく存在した古い方言連続体の小断片にすぎぬものかもしれない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エスキモー・アレウト語族の関連キーワードチュクチ・カムチャツカ語族旧アジア諸語語族

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android