コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスクイリヌス丘 エスクイリヌスきゅうMons Esquilinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エスクイリヌス丘
エスクイリヌスきゅう
Mons Esquilinus

古代ローマ市のローマ七丘の一つ。鉄器時代から共同墓地として使用され,その後貧民の居住地区となった。共和政期にはローマの城壁内にあったが,帝政期には城壁外をも含んだ。ネロ帝の黄金宮殿やトラヤヌス浴場がこの地域に建造された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android