エスコ(ESCO)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エスコ(ESCO)

「EnergyServiceCompany」の略。委託先の事業所などの省エネ可能性を診断し、契約に応じて機器の導入や工事、削減効果の検証などを実施し、省エネで節減できた経費の一部をサービス料として受け取るビジネス。第1次石油ショックを機に米国で広まった。約140社が加盟するESCO推進協議会(東京)の試算では、国内の製造工場や商業施設などに可能な限りエスコが導入された場合、原油換算で年間使用量400万キロリットルの省エネが見込めるという。

(2007-01-10 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android