エストラーダ・カブレラ(英語表記)Manuel Estrada Cabrera

世界大百科事典 第2版の解説

エストラーダ・カブレラ【Manuel Estrada Cabrera】

1857‐1924
グアテマラの政治家,独裁者。法律家として出発し,政界に入ったのちは諸閣僚を経験する。1898年に臨時大統領,次いで大統領に選ばれ,数度の再選によって強力な独裁体制を確立した。アメリカ資本の導入,経済発展の促進を企てたが,強権政治への抵抗が強まり,1920年に議会は彼を狂人と認定,失脚させられた。財産を没収されて,獄中で死去。【山崎 カヲル】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android