コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスラインギフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エスラインギフ

オンライン輸送情報システムで先鞭をつけた路線トラック会社。 1938年創業の岐阜トラック運輸を前身に,47年岐阜合同産業として設立。復興資材の小口輸送で定評を得て大きく飛躍した。 65年以降の大量高速輸送時代にあって,業界で初めてトレーラを大量投入してこの分野の先駆者となった。 69年全国 10の中堅路線業者と全国輸送ネットワークを結成し,複合一貫輸送,共同一貫輸送の基盤を築いた。 72年現社名に変更。 77年業界初のオンラインシステムを完成。顧客のニーズに即応した物流を実現するために分社化経営を推進している。事業内容は,貨物自動車運送 95%,倉庫2%,その他3%。年間営業収入 319億 7000万円 (連結) ,資本金 19億 3800万円,従業員数 1540名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エスラインギフの関連キーワードエスライン深堀令奈

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android