コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾシコロ

海藻海草標本図鑑の解説

エゾシコロ

からだは付着部近くでは円柱状,上部では平面的になり,叉状に分枝して扇状に広がる。枝の節と節の間の部分(節間部)は,中央がやや盛り上がり,両側に平 面的で先の丸い翼片を持ち,基部は丸く膨らんで,蝶ナットのような形をしている。生殖器巣は白みを帯びたイボ状突起として,翼片の表面に形成される。潮間 帯下部の波あたりのかなり強い岩上に群生する。からだに石灰質を含むため,この仲間(サンゴモ目)は石灰藻とも呼ばれる手触りは硬くガサガサしている。 生体はピンク〜紫がかったピンク。押し葉標本は台紙につかない。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報