コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチゴウサギ えちごうさぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エチゴウサギ
えちごうさぎ / 越後兎
Echigo hare
[学]Lepus brachyurus angustidens

哺乳(ほにゅう)綱ウサギ目ウサギ科の動物。ノウサギの1亜種で、トウホクノウサギともいい、本州中部以北に分布する。頭胴長は50センチメートル内外である。[阿部 永]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエチゴウサギの言及

【ウサギ(兎)】より

…【柳 宗玄】
[民俗]
 日本では飼いウサギは近世末から起こったもので,古くはすべて野生のものであった。このうち西日本のものは年間を通じ黄褐色の毛であるが,東日本のエチゴウサギは冬季白化する。このため西南日本では白いウサギを珍しがり神秘なものとして山の神の仮の姿と考えた痕跡も認められる。…

【ノウサギ(野兎)】より

…本州,四国,九州の平地から高山にすむ野生のウサギ(イラスト)。エチゴウサギ,ヤマウサギ,ニホンウサギともいう。体型は家畜のカイウサギに似るが,前肢が長く,耳は短い。…

※「エチゴウサギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エチゴウサギの関連キーワードノウサギ(野兎)日本アルプス保護色ウサギ白化