コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチレンイミン えちれんいみん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エチレンイミン
えちれんいみん
ethyleneimine

イミンの一つ。アジリジンともいう。強いアンモニア臭をもつ液体。
 2-クロロエチルアミン、または2-アミノエチル硫酸を水酸化ナトリウムと反応させて得られる。重合しやすい。水と混じり合う。合成樹脂、接着剤などの製造に用いられる。毒性が強く、目、皮膚、粘膜を刺激する。[山本 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエチレンイミンの言及

【アジリジン】より

エチレンイミンethylenimin,アザシクロプロパンazacyclopropaneとも呼ばれる。アンモニアのようなにおいのする無色透明の液体。…

※「エチレンイミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android