コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッカルツハウゼン Karl von Eckartshausen

世界大百科事典 第2版の解説

エッカルツハウゼン【Karl von Eckartshausen】

1752‐1803
ドイツの神秘思想家。南ドイツのバイエルンを中心に裁判官,枢密公文書官などの公的生活を送るかたわら,当時の終末論的神秘思想運動の中心人物として活躍した。サン・マルタンラーファターと接触し,神の愛に貫かれた君主制国家建設を夢見,ロシア皇帝に強く働きかけた。ヨーロッパ中心主義を批判し,神の知による万象の観察認識を主張,神の未知の力や超心理学の領域の解明に努力した。《魔術をとく鍵》(1788),《ベンガルの虎》(1789),《神は至純の愛》(1790)をはじめとして膨大な著作がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エッカルツハウゼンの関連キーワードサン・マルタンウロンスキー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android