コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッカーマン Eckermann, Johann Peter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エッカーマン
Eckermann, Johann Peter

[生]1792.9.21. ハノーバー,ウィンゼン
[没]1854.12.3. ワイマール
ドイツの著作家。ゲッティンゲン大学に学ぶ。 1823年『ゲーテ論』を書いてゲーテに送り,ワイマールに招かれた。ゲーテ晩年の 10年間秘書をつとめ,全集の編纂に協力した。ゲーテの談話を記録した『ゲーテとの対話』 Gespräche mit Goethe in den letzten Jahren seines Lebens (3巻,1836~48) のほか,遺稿の編集にもたずさわった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エッカーマン
えっかーまん
Johann Peter Eckermann
(1792―1854)

ドイツの著述家。苦学して詩人を志したが、1823年6月晩年のゲーテを訪問したのをきっかけにそのままワイマールに滞在、ゲーテの著作の編集助手となった。しかし彼はゲーテから報酬を与えられたことはなく、家庭教師をしながら細々と生計をたてていかなければならなかった。彼の記録した『ゲーテとの対話』全3巻(1836~48)は、19世紀のゲーテ像形成に決定的な影響を及ぼした。[木村直司]
『山下肇訳『ゲーテとの対話』全3冊(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エッカーマンの関連キーワードゲーテ(年譜)亀尾英四郎9月21日ソーヴ岩

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android