コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッジワース-カイパーベルト天体・エッジワースカイパーベルト天体 エッジワースカイパーベルトてんたい

1件 の用語解説(エッジワース-カイパーベルト天体・エッジワースカイパーベルト天体の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

エッジワースカイパーベルトてんたい【エッジワース-カイパーベルト天体・エッジワースカイパーベルト天体】

〔Edgeworth-Kuiper Belt Object エッジワースとカイパーは天文学者の名〕
太陽系の外側、太陽から三〇~五〇天文単位の所に帯状(リング状)に広がっているとされる天体群を構成している小惑星。 EKBO 。 → トランス-ネプチュニアン天体

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

エッジワース-カイパーベルト天体・エッジワースカイパーベルト天体の関連キーワード太陽系EKBOベレンの塔ベル神殿古ひん岩岡野真士ホテル・ベルエアー端麗王美男王美男王

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone