コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッタール修道院 エッタールシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

エッタール‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【エッタール修道院】

Kloster Ettal》ドイツ南部、バイエルン州の村、オーバーアマーガウの近郊にある修道院。神聖ローマ皇帝ルートウィヒ4世(バイエルン人王)により、1330年に建造。18世紀にバロック様式に改築。内部の丸天井はロココ様式のスタッコ装飾家、ヨゼフ=シュムッツァーが制作した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

エッタール修道院の関連キーワードオーバーアマーガウリンダーホーフ城バイエルン州

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android