コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッチュウバイ(越中蛽) エッチュウバイ Buccinum striatissimum

1件 の用語解説(エッチュウバイ(越中蛽)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エッチュウバイ【エッチュウバイ(越中蛽) Buccinum striatissimum】

日本海の水深200~500mの砂泥底にすむエゾバイ科の巻貝(イラスト)。軟体は黒斑があるが全体に白いのでシロバイの名で売られる。殻の高さ12cm,太さ7cm。巻きは8階で各層はよく膨らむ。薄い淡黄色の皮をかむり,全面に細く,多くの筋がある。殻口はまるくて,外縁は厚くなって反り返る。蓋は薄くてまるい。蛽籠に魚肉などを入れて海底に沈め,それを食べに寄ってきて籠の中に閉じ込められたのを採取する。軟体の背上に雄では大きな陰茎がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エッチュウバイ(越中蛽)の関連キーワードトリガイハタハタ悪鬼貝海緋鯉カラッパ箱海老越中蛽白海鼠忘貝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone