コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッチュウバイ(越中蛽) エッチュウバイBuccinum striatissimum

1件 の用語解説(エッチュウバイ(越中蛽)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エッチュウバイ【エッチュウバイ(越中蛽) Buccinum striatissimum】

日本海の水深200~500mの砂泥底にすむエゾバイ科の巻貝(イラスト)。軟体は黒斑があるが全体に白いのでシロバイの名で売られる。殻の高さ12cm,太さ7cm。巻きは8階で各層はよく膨らむ。薄い淡黄色の皮をかむり,全面に細く,多くの筋がある。殻口はまるくて,外縁は厚くなって反り返る。蓋は薄くてまるい。蛽籠に魚肉などを入れて海底に沈め,それを食べに寄ってきて籠の中に閉じ込められたのを採取する。軟体の背上に雄では大きな陰茎がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

エッチュウバイ(越中蛽)の関連キーワードライアン・ロクテ入江陵介赤穂浪士一覧北洋漁業短距離競走タイソン ゲイ200年住宅ソルベンシー・マージン比率支払い余力比率北島康介

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone