エッチュウバイ(越中蛽)(読み)エッチュウバイ(英語表記)Buccinum striatissimum

世界大百科事典 第2版の解説

エッチュウバイ【エッチュウバイ(越中蛽) Buccinum striatissimum】

日本海の水深200~500mの砂泥底にすむエゾバイ科の巻貝(イラスト)。軟体は黒斑があるが全体に白いのでシロバイの名で売られる。の高さ12cm,太さ7cm。巻きは8階で各層はよく膨らむ。薄い淡黄色の皮をかむり,全面に細く,多くの筋がある。殻口はまるくて,外縁は厚くなって反り返る。は薄くてまるい。蛽魚肉などを入れて海底に沈め,それを食べに寄ってきて籠の中に閉じ込められたのを採取する。軟体の背上にでは大きな陰茎がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android