コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エツキイワノカワ

1件 の用語解説(エツキイワノカワの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

エツキイワノカワ

からだはかたく平らな扇形または腎臓形で,陸上で倒木などに普通に生えているかたいキノコ類(カワラタケなど)に似る。生長した個体では,さらにからだの 縁から扇形の個体を付ける。体の表側は暗紅色ですべすべとしているが,裏側は黄色がかった白色をしており,石灰質を沈着した短毛が並び,ざらざらした手触 りでかたい。裏側には短い柄のような付着器があるが,裏側の短毛が集まって2次的に付着器を形成する様子もみられる。水深15m,ときにそれ以深のやや陰 になる岩上や,岩の側面などに多くみられ,互いに瓦状に重なり合うように生育している。生体は乾燥すると表側に反る。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エツキイワノカワの関連キーワードツワブキ猿猴草瓦茸万年茸国原腎臓形壺菫丸葉羊蹄珪乳石結び立ち

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone