エティンド岩(読み)エティンドがん(英語表記)etindite

岩石学辞典の解説

エティンド岩

リューサイト─ネフェリナイトとした岩石を[Esch : 1901],ラクロアが命名したものである[Lacroix : 1923].チタンオージャイトネフェリンの斑晶が細粒の石基に含まれる.石基はチタンオージャイト,ネフェリン,リューサイトなどからなる.岩石は白榴岩(leucitite)と霞岩(nephelinite)の中間である.カメルーン,エティンド(Etinde)火山に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android