エドゥワール ビュイヤール(英語表記)Edouard Vuillard

20世紀西洋人名事典の解説

エドゥワール ビュイヤール
Edouard Vuillard


1868.11.11 - 1940.6.21
フランスの画家
ソーヌ・エ・ロワール県キュイゾー生まれ。
10才の時家族とパリにでる。1888年エコール・デ・ボーザールに学ぶが、モーリス・ドニ、ルーセルらとナビ派を創設、室内静物や日常生活、平凡な情景を装飾的な色面構成で描く。アンティミストと称し晩年に至るまで繊細な感受性と装飾的効果を保持、ボナールと並ぶフランス・アンティミスムの代表的画家である。日本の浮世絵に影響を受けた「パリの公園」(’94年)、パリのテアトル・デ・シャンゼリゼの壁画装飾(1913年)等の作品がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android