エドゥワール ビュイヤール(英語表記)Edouard Vuillard

20世紀西洋人名事典の解説

エドゥワール ビュイヤール
Edouard Vuillard


1868.11.11 - 1940.6.21
フランスの画家
ソーヌ・エ・ロワール県キュイゾー生まれ。
10才の時家族とパリにでる。1888年エコール・デ・ボーザールに学ぶが、モーリス・ドニ、ルーセルらとナビ派を創設、室内静物や日常生活、平凡な情景を装飾的な色面構成で描く。アンティミストと称し晩年に至るまで繊細な感受性と装飾的効果を保持、ボナールと並ぶフランス・アンティミスムの代表的画家である。日本の浮世絵に影響を受けた「パリの公園」(’94年)、パリのテアトル・デ・シャンゼリゼの壁画装飾(1913年)等の作品がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android