コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドワード・リチャード・ジョージ ヒース Edward Richard George Heath

20世紀西洋人名事典の解説

エドワード・リチャード・ジョージ ヒース
Edward Richard George Heath


1916.7.9 -
英国の政治家。
元・英国首相。
ケント州生まれ。
オックスフォード大学卒。
1950年保守党下院議員となり、’55年党院内総務を務め、’59年労働相を経て’63年商相、産業・貿易・地域開発相を歴任。’65年保守党初の公選により保守党党首となり、’70年総選挙で労働党を破り英国首相となる。’74年総選挙に敗れ辞任し、’75年保守党党首選挙でサッチャーに敗退する。’73年にはEC加盟を実現し、新しい保守主義をめざす。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

エドワード・リチャード・ジョージ ヒースの関連キーワード第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネットイースター蜂起牧野省三アロー号ブロッホフランツ・ヨーゼフ1世アポリネール戦車

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android