エドワード・リチャード・ジョージ ヒース(英語表記)Edward Richard George Heath

20世紀西洋人名事典の解説

エドワード・リチャード・ジョージ ヒース
Edward Richard George Heath


1916.7.9 -
英国の政治家。
元・英国首相。
ケント州生まれ。
オックスフォード大学卒。
1950年保守党下院議員となり、’55年党院内総務を務め、’59年労働相を経て’63年商相、産業・貿易・地域開発相を歴任。’65年保守党初の公選により保守党党首となり、’70年総選挙で労働党を破り英国首相となる。’74年総選挙に敗れ辞任し、’75年保守党党首選挙でサッチャーに敗退する。’73年にはEC加盟を実現し、新しい保守主義をめざす。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android