エドワード ロシュマン(英語表記)Eduard Roschmann

20世紀西洋人名事典の解説

エドワード ロシュマン
Eduard Roschmann


1908 - 1977
将校。
オーストリア生まれ。
1941年リガ強制収容所長に任命され、’44年までに数万のユダヤ人を虐殺し、ナチス親衛隊将校を務める。敗戦後偽名を用いてアルゼンチンに逃亡するが、’77年西ドイツ政府に探知され、アルゼンチンに対し逮捕を要請、しかし、その時はすでに病院で死亡。彼をモデルとしたフレデリック・フォーサイスの小説「オデッサ・ファイル」(’72年)は話題をよんだ。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android