コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エヌティエヌ エヌティエヌ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エヌティエヌ

通称 NTN。ベアリングメーカー。 1918年西園鉄工所でボールベアリングの研究製作を開始。大阪の巴商会と西園鉄工所が提携し,巴商会ベアリング部として創業,27年分離して合資会社エヌチーエヌ製作所設立,34年株式会社に改組,37年東洋ベアリング製造と改称,72年エヌ・テー・エヌ東洋ベアリングに,89年現社名に変更。各種ボールベアリング,ローラーベアリング,ジョイント類,機械部品を製造する。 99年,ステアリング用等速ジョイントを世界で初めて開発した。売上構成比は,軸受 68%,機械部品ほか 32%。年間売上高 3258億 1200万円 (連結。うち輸出 29%) ,資本金 395億 9900万円,従業員数 6920名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エヌティエヌの関連キーワード三和グループ

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android