エネルギー交代(読み)エネルギーこうたい

大辞林 第三版の解説

エネルギーこうたい【エネルギー交代】

生命現象にみられるエネルギーの出入りと転換。一般に、植物は光エネルギーを化学エネルギーに換え、動物は動植物を摂取して化学エネルギーを得て一部は ATP などに換え、必要に応じて生体化合物の合成エネルギーに用いるほか、力学的エネルギー・電気エネルギー・光エネルギーなどに換えて生命を維持し、残りは熱エネルギーとして体温保持などに利用する。エネルギー代謝。 → 物質交代

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android