コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エビガラスズメ(蝦殻天蛾) エビガラスズメ Agrius convolvuli

1件 の用語解説(エビガラスズメ(蝦殻天蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エビガラスズメ【エビガラスズメ(蝦殻天蛾) Agrius convolvuli】

鱗翅目スズメガ科の昆虫。この科のガの中では大型で,開張9cm内外。腹部の側面から背面にかけては赤色で,各節は帯状に黒い。一般にこの科のものは,口吻(こうふん)(舌)の発達したものが多いが,エビガラスズメの舌はとくに長く,のばすと10cmに達する。夕暮時に花みつを求めて飛び回り,夜間灯火にも飛来する。アメリカ大陸を除くほぼ世界全域に分布し,飛翔(ひしよう)力が強いため長距離を移動できるので,大洋上の島々にも土着している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エビガラスズメ(蝦殻天蛾)の関連キーワード黒雀蜂蝙蝠蛾小菜蛾雀貝毒蛾虎蛾蓑蛾雀蛾雀蜂紅天蛾

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone