コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エビジャコ(蝦雑魚) エビジャコ Crangon affinis

1件 の用語解説(エビジャコ(蝦雑魚)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エビジャコ【エビジャコ(蝦雑魚) Crangon affinis】

甲殻綱エビジャコ科のエビで,内湾の砂泥底にすむ(イラスト)。体長4.5cm。体はとくに頭胸甲が平らである。第1,2胸脚がはさみを形成しているが,第1胸脚は独特な鎌状,第2胸脚は著しく細い。褐色ないし黒褐色であるが,環境によって容易に体色を変えることができる。産卵期は11~7月で,2月下旬から4月下旬が盛期である。生活史には長期世代(夏世代)と短期世代(冬世代)がある。長期世代は2月下旬から4月下旬に産卵されたもので,10月中旬までに中型エビに成長し,その一部が産卵するが,翌年2月上旬まで急速に成長して大型エビになり,産卵,死亡する寿命1年の群れである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エビジャコ(蝦雑魚)の関連キーワード団扇海老海老雑魚沼海老箱海老北国赤海老木の葉蝦桜蝦条蝦鉄砲蝦藻蝦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone