コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフェソス強盗会議 えふぇそすごうとうかいぎ

世界大百科事典内のエフェソス強盗会議の言及

【盗賊教会会議】より

…449年,小アジアのエフェソスで開かれた公会議。〈強盗会議〉ともいう。前年,単性論で異端とされたエウテュケスの問題をめぐって開催された。単性論派のアレクサンドリア主教ディオスコロスが実力で会議を支配し,エウテュケスの復位,コンスタンティノープル主教フラビアノス(フラウィアヌス)その他の罷免を決議し,単性論の勝利をうたった。しかし皇帝テオドシウス2世の急死とともに教会の動向が変わり,カルケドン公会議(451)は,エフェソス会議の公会議の名称と決議すべてを取り消した。…

※「エフェソス強盗会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android