コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフェソス強盗会議 えふぇそすごうとうかいぎ

世界大百科事典内のエフェソス強盗会議の言及

【盗賊教会会議】より

…449年,小アジアのエフェソスで開かれた公会議。〈強盗会議〉ともいう。前年,単性論で異端とされたエウテュケスの問題をめぐって開催された。単性論派のアレクサンドリア主教ディオスコロスが実力で会議を支配し,エウテュケスの復位,コンスタンティノープル主教フラビアノス(フラウィアヌス)その他の罷免を決議し,単性論の勝利をうたった。しかし皇帝テオドシウス2世の急死とともに教会の動向が変わり,カルケドン公会議(451)は,エフェソス会議の公会議の名称と決議すべてを取り消した。…

※「エフェソス強盗会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone