コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフェルディンヘン Everdingen, Allart van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エフェルディンヘン
Everdingen, Allart van

[生]1621. アルクマール
[没]1675. アムステルダム
オランダの風景画家,版画家。デンマーク王フレデリック4世の注文で,コペンハーゲンのクリスチアンスボル宮殿を飾る絵を描く。『スカンジナビアの滝』 (1650) は当時のオランダ風景画に新風を吹込んだ。兄のセザール Botius van Cesar (17~78) も神話画,肖像画などで有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エフェルディンヘンの関連キーワード光の科学史ニュートン(Sir Isaac Newton)西インド会社フェリペ[3世]フェリペ[4世]マッシンジャーオリバレスグェルチーノテルブルッヘンフェリペ3世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android