エブゲニーオネーギン

精選版 日本国語大辞典の解説

エブゲニー‐オネーギン

(原題Jevgjenij Onjegin)
[一] 小説。プーシキン作。一八二三~三〇年発表。「余計者」の典型である青年貴族オネーギンの生活を韻文で描く。ロシアのリアリズム文学の古典。
[二] (一)をもとに、チャイコフスキーが作曲した歌劇。三幕。一八七八年初演。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android