コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エプシュタイン病 えぷしゅたいんびょう Ebstein Anomaly, Ebstein disease

1件 の用語解説(エプシュタイン病の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

えぷしゅたいんびょう【エプシュタイン病 Ebstein Anomaly, Ebstein disease】

[どんな病気か]
 三尖弁(さんせんべん)のうちの後尖(こうせん)と中隔尖(ちゅうかくせん)が、心尖部(しんせんぶ)(右心室(うしんしつ)の先のほう)にずれている状態をいいます。
 三尖弁の狭窄(きょうさく)が主体の場合と閉鎖不全(逆流)が主体の場合とがあります。
 三尖弁を形成するか、人工弁に取り替える弁置換術(べんちかんじゅつ)を行ないます。
 症状や心房心室の拡大の程度によっては、成人後、手術します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

エプシュタイン病の関連キーワード三尖弁三瓶温泉二尖弁房室弁心臓弁膜何心地不死身プリマドンナ溶連菌感染症ナンセンスコドン