コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エホヤキム Jehoiakim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エホヤキム
Jehoiakim

[生]?
[没]前598
ユダ王国の王 (在位前 609頃~598) 。ヨシヤの次男。3男のエホアハズが先に王位についたが,エジプト王ネコ2世の援助を得て王位を獲得,ネコの命に従って国民に重税を課した。バビロニアのネブカドネザル2世がエジプトを破ると (前 605) ,バビロンに朝貢。しかし3年後反乱を起したため,ネブカドネザルにエルサレムを攻撃され,急死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エホヤキムの関連キーワードダニエル(旧約聖書)ハバクク書アンモン人エホヤキンゼデキア

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android