コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エボヤ(柄海鞘) エボヤ Styela clava

1件 の用語解説(エボヤ(柄海鞘)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エボヤ【エボヤ(柄海鞘) Styela clava】

尾索綱エボヤ科の原索動物イラスト)。日本各地に広く分布し,長い柄の先で岩などにつくほか,養殖いかだや船底に付着して害を与えることが多い。体は黄褐色で細長く,柄部と合わせて全長10cm内外。表面は革状で硬く,不規則な溝や突起が多い。入水孔と出水孔は体の前端にあるが,入水管はやや腹側に曲がることが多い。雌雄同体。筋膜体を食用にすることもある。【今島 実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エボヤ(柄海鞘)の関連キーワードアカボヤ原索動物サルパ頭索類尾索類亜門半索動物光海鞘海鞘魚介類

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone