エミール ラフード(英語表記)Emile Lahoud

現代外国人名録2012の解説

エミール ラフード
Emile Lahoud


国籍
レバノン

専門
政治家;軍人

肩書
レバノン大統領;レバノン国軍最高司令官

生年月日
1936/1/12

出生地
ベイルート郊外

経歴
父親はレバノン独立運動の指導者。1956年レバノン軍大学に入学、のち英国海軍士官学校に留学。’59年帰国後、上陸用艦艇の司令官などを経て、’89年11月レバノン国軍最高司令官に就任。以来軍司令官を9年間務め、15年続いた内戦で弱体化した軍を再建した。’98年11月第11代大統領に就任。任期は6年だったが、2004年9月国民議会が任期を2007年まで3年間延長する憲法改正案を可決した。同年11月任期満了で退任。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

エミール ラフード

生年月日:1936年1月12日
レバノンの大統領;軍人

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android