エメルソン レオン(英語表記)Emerson Leao

現代外国人名録2012の解説

エメルソン レオン
Emerson Leao


国籍
ブラジル

専門
サッカー監督(サンパウロ);元・サッカー選手

肩書
サッカー・ブラジル代表監督

生年月日
1949/7/11

経歴
1974〜83年ブラジル代表のゴールキーパー(GK)として活躍し、W杯に4回出場、主将も務めた。のちパルメイラスなど名門チームを指揮。その後、Jリーグ清水エスパルスの監督として来日、’92年Jリーグ杯で準優勝し、1年目でトップクラスに。’94年8月退任。ブラジルのアトレチコ・パラナインセ監督を経て、’96年シーズン途中からヴェルディ川崎の指揮を執り、天皇杯を制した。のちスポルチ・レシフェ監督を経て、2000年10月ブラジル代表監督に就任。2001年6月コンフェデ杯で4位に終わり解任。2004〜2005年シーズン、サンパウロ監督。2005年4月〜6月ヴィッセル神戸監督、同年7月〜2006年4月パルメイラス監督。2011年10月再びサンパウロ監督に再任。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android