コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エライザ法・イライザ法 エライザほう

大辞林 第三版の解説

エライザほう【エライザ法・イライザ法】

〔ELISA; enzyme-linked immunosorbent assay の略〕
抗原抗体反応を利用したタンパク質などの物質測定法。固相にあらかじめ結合させておいた一次抗体に、抗原を含む試料を反応させた後、さらに酵素で標識した二次抗体を反応させて、結合しているかどうかを酵素活性を利用して測定する。検出感度が高く、測定目的に合わせた数種類の方法があり、生化学・生物学的検査に幅広く用いられている。固相酵素免疫測定法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

エライザ法・イライザ法の関連キーワード吉河順央Linkedマルチセッション柳英里紗ELISA 法エイズモスコソパナマ(国)フェルナンド レイアンギオテンシン変換酵素アンギオテンシン変換酵素阻害薬

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android