コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラヒキムシ(鰓曳虫) エラヒキムシ

世界大百科事典 第2版の解説

エラヒキムシ【エラヒキムシ(鰓曳虫)】

プリアプルス綱プリアプルス科Priapulidaeに属する袋形動物の総称,またはそのうちの1種を指す。鰓曳動物門として扱うことも多い。一見ホシムシに似た蠕虫(ぜんちゆう)状の海産動物で,水深10~700mの海底の砂泥中にすむ。体は前体と胴部に分かれ,前体は体内に引き込むことができる。後端には中空の袋が集まって房状になった付属器が1~2本存在する。体の表面には小さなとげと乳頭状突起が不規則に散在し,環節様の多くのくびれがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android