コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリザベータ・ペトロブナ Elizaveta Petrovna

世界大百科事典 第2版の解説

エリザベータ・ペトロブナ【Elizaveta Petrovna】

1709‐62
ロシアの女帝。在位1741‐62年。ピョートル1世の娘。宮廷革命で1741年即位。善良な人柄で人々に好かれた。ダンスと観劇にふけり,結婚はしなかったが,コサックの美男の歌手ラズモフスキーはじめ多くの愛人をもった。女帝のもとでロシアのサロン文化と上流社会の欧化が進み,美術院やモスクワ大学も創設された。内政の事実上の指導者は50年代はじめからシュバーロフPyotr Ivanovich Shuvalov(1710‐62)で,国内関税の廃止,法典編纂事業など経済的自由主義と法治主義の方針がとられたが,農奴の法的地位は低下した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

エリザベータ・ペトロブナの関連キーワードピョートル[3世]ラストレリボーモン