エリザベート ルディネスコ(英語表記)Elisabeth Roudinesco

現代外国人名録2012の解説

エリザベート ルディネスコ
Elisabeth Roudinesco


国籍
フランス

専門
精神分析家

肩書
パリ第7大学講師

生年月日
1944

出生地
パリ

学歴
ソルボンヌ大学(現代文学)

経歴
ラカンの弟子・ジェニー・オーブリの子供。1969〜79年ラカンのゼミナールに出席。この間、’69〜80年パリ・フロイト学派に所属。’83年国際精神医学史・精神分析史学会の設立メンバーとなり、のち会長。パリ第7大学歴史学研究指導講師も務める。著書に「ジャック・ラカン伝」「来たるべき世界のために」「いまなぜ精神分析なのか 抑うつ社会のなかで」がある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android