コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリナー[アキテーヌ] エリナーアキテーヌ Eleanor of Aquitaine; Eleonore(Alienor) d'Aquitaine

1件 の用語解説(エリナー[アキテーヌ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリナー[アキテーヌ]
エリナーアキテーヌ
Eleanor of Aquitaine; Eleonore(Alienor) d'Aquitaine

[生]1122.2.3.
[没]1204.4.1. フォントブロー
イングランドヘンリー2世の妃。フランス名エレオノール・ダキテーヌ。アキテーヌ公の娘で 1137年公領を継承。同年フランス王ルイ7世と結婚したが不和となり,離婚。 52年当時アンジュー伯でノルマンディー公のヘンリー2世と再婚。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリナー[アキテーヌ]の関連キーワード階乗基底エヌ没・歿勃・歿・没三角数n-3脂肪酸べき根(冪根)Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone