コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルガバ Jelgava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルガバ
Jelgava

旧称ミタウ Mitau (ドイツ語) 。ラトビア中部の都市。首都リガの南西約 45km,リエルペ川にのぞむ。 1226年にドイツ騎士団が城をつくり,1561年からクールランド伯領の首都,1795年にロシア領となった。鉄道5本が集る交通の要地製糖,食肉加工,アマ (亜麻) 加工,缶詰,皮革,機械組立て,農機具などの工場があり,ラトビア農業アカデミー,音楽院,郷土館がある。人口7万 4500 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エルガバの関連キーワードエイナルス レプセプルビツ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android