エルガバ(英語表記)Jelgava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルガバ
Jelgava

旧称ミタウ Mitau (ドイツ語) 。ラトビア中部の都市。首都リガの南西約 45km,リエルペ川にのぞむ。 1226年にドイツ騎士団が城をつくり,1561年からクールランド伯領の首都,1795年にロシア領となった。鉄道5本が集る交通の要地製糖,食肉加工,アマ (亜麻) 加工,缶詰,皮革,機械組立て,農機具などの工場があり,ラトビア農業アカデミー,音楽院,郷土館がある。人口7万 4500 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android