コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルジェム El Djem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルジェム
El Djem

チュニジア北東部,首都チュニスの南東 170kmにある古代ローマの植民都市円形闘技場遺構で知られる。穀倉地帯中心地として,オリーブ油の取り引きで栄え,その富を背景に建造された円形闘技場は,3層のアーケードをもつ外壁に囲まれた高さ 40m,アリーナの直径 65m,3万 5000人を収容する。ローマのコロセウムに比肩するもので,それまでの斜面を利用した技法に対し,平地に切り出した石を漆喰で固める工法で建てられ,出入口は地下につくられた。 1695年オスマン帝国による破壊で西側部分を失うが,他の部分の保存状態は良好で修復作業も 1980年に完了した。 1979年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エルジェムの関連キーワードエルジェムの円形闘技場

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android