エルトゥールル号遭難事故

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エルトゥールル号遭難事故

1890(明治23)年9月16日夜、オスマン・パシャ提督ら親善使節団を乗せたオスマントルコの軍艦が帰国中に嵐に遭い、和歌山県串本町沖の岩礁に乗り上げて沈没。約600人の命を奪う惨事となった。69人が地元住民に救出され、日本海軍が母国に送り届けた。両国友好の象徴として語り継がれ、トルコでは教科書でも紹介されている。

(2015-06-03 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android