コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルトゥールル号遭難事故

1件 の用語解説(エルトゥールル号遭難事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エルトゥールル号遭難事故

1890(明治23)年9月16日夜、オスマン・パシャ提督ら親善使節団を乗せたオスマントルコの軍艦が帰国中に嵐に遭い、和歌山県串本町沖の岩礁に乗り上げて沈没。約600人の命を奪う惨事となった。69人が地元住民に救出され、日本海軍が母国に送り届けた。両国友好の象徴として語り継がれ、トルコでは教科書でも紹介されている。

(2015-06-03 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルトゥールル号遭難事故の関連キーワードクーラン外交使節親善高斉徳五味長元斎藤源佐鈴木三郎助(3代)高野弘正本因坊秀悦二階堂行綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エルトゥールル号遭難事故の関連情報