コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルナークラム Ernākulam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルナークラム
Ernākulam

インド南西部,ケララ州中部,コーチン港の背後に位置し,コーチンの一部をなす工業地域。かつてはコーチン州の州都であった。 1949年にコーチン州とトラバンコール州が合併したとき高等裁判所がおかれた。軽工業が盛んで,石鹸,食用油製造のほか水産物,ココナッツの加工が行われる。 70年にコーチンに併合された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android