エルンスト プリングスハイム(英語表記)Ernst Pringsheim

20世紀西洋人名事典の解説

エルンスト プリングスハイム
Ernst Pringsheim


1859.7.11.(6.11.説あり) - 1917.6.28
ドイツ物理学者
元・ブレスラウ大学教授。
ブレスラウ生まれ。
ブレスラウ大学、ベルリン大学で学び、学位を取得。1896年ベルリン大学教授を経て、1905年ブレスラウ大学実験物理学教授。この間、ルンマーと1896年から黒体放射に関する共同研究を行い、シュテファン‐ボルツマンの法則を確証した。1899年ウィーンの放射分布則との系統的なずれを長波長領域で発見し、翌年新分布則を提案し、量子論創設をしるすこととなった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

エルンスト プリングスハイム

生年月日:1859年7月11日
ドイツの物理学者
1917年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android