エルヴィーン・ギード コルベンハイヤー(英語表記)Erwin Guido Kolbenheyer

20世紀西洋人名事典の解説

エルヴィーン・ギード コルベンハイヤー
Erwin Guido Kolbenheyer


1878.12.30 - 1962.4.12
ドイツの小説家
ブダペスト生まれ。
ブタペスト生まれのいわゆる外地ドイツ人。ウィーン大学で哲学、自然科学心理学を学ぶ。史上の人物を書いた力作が多く、ナチス文学の代表的作家の一人である。主な作品に小説「神を愛す」(1908年)、「生命の城」(’12年)、戯曲「ジョルダーノ・ブルーノ」(’03年)等がある。「神を愛す」は第二次大戦中の日本で愛読された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android