コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレクトリック・ギター[electric guitar] エレクトリックギター

1件 の用語解説(エレクトリック・ギター[electric guitar]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

エレクトリック・ギター[electric guitar]

1930年代にアメリカの楽器メーカー各社が、ピックアップアンプを使用して音を増幅させるエレクトリックギターの開発に乗り出した。このシステムの出現は、ピアノドラム、その他管楽器などとのアンサンブルにおいて、音量バランスを容易にとることができるようにしたばかりか、それまで必然と考えられていた共鳴胴の存在も不要にし、扱いやすいボディーシェイプを誕生させるに至った。その後、電気的に音を加工したり、新たな演奏法を生み出したりと、今日でもなおハードソフトの両面から進化を続けている。ボディー・シェイプで分類すると、アーチド・トップ・ギター[“アコースティック・ギター”の項参照]にピック・アップを取り付けたものがフル・アコースティック(・エレクトリック・ギター;以下略)、このボディーの厚さを薄くしたものがセミ・アコースティック、共鳴胴をなくしボディーを小型化したものがソリッド・ボディー。ピック・アップの種類によって分類すると、シングルコイル、ハム・バッキング、この両方をマウントしたもの、さらにピエゾ・ピック・アップを取り付けたものなどに分けられる。ピック・アップを取り付けた位置や数の違いによる分け方も考えられる。エレクトリック・ギターを大きく2つに分類すると、トレモロアームがあるものとないものという分け方ができる。トレモロ・アームとは、ボディー表面の下部に取り付けられたパーツ(アーム)で、スプリングを使用し、6本の弦全体の張りをゆるめたりきつくしたりすることで音程を変化させ、ピッチ・ベンド効果を出すもの。このパーツ全体をトレモロ・ユニットといい、操作するバーをトレモロ・アームという。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
音楽用語ダスについて | 情報

エレクトリック・ギター[electric guitar]の関連キーワード喜劇映画フランス映画ワールドカップ里見勝蔵スペリー熱雲映画理論カリブ文学新心理主義大衆文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone