コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレクトロクロミック表示装置 エレクトロクロミックひょうじそうちelectrochromic display

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレクトロクロミック表示装置
エレクトロクロミックひょうじそうち
electrochromic display

ECDとも略称される。電圧印加による電気化学的酸化還元反応によって,物質の色が可逆的に変化するエレクトロクロミック (EC) 現象を応用したディスプレイ装置。 EC材料としてはビオロゲン塩などの有機物質や無定形酸化タングステン (α-WO 3 ) などが用いられる。 ECDの特徴は,発光ダイオードなどのようにみずから発光するものではなく,外部周囲光を吸収変調して表示を行う受動型ディスプレイである。さらに駆動電圧が低く ( 0.5~20V ) ,不揮発性記憶効果を有するほか,視角依存性がなく,偏光板を使用しないので見やすいなど,同じ受動型ディスプレイである液晶ディスプレイよりすぐれた点が存在するが,消費電力が液晶ディスプレイよりはるかに大きいという欠点がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エレクトロクロミック表示装置の関連キーワードイルリメ/鴨田潤コモンレールECD-U2中央アジアイスラム圏ガスクロマトグラフィー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android