コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンコウガニ(猿猴蟹) エンコウガニCarcinoplax longimana

世界大百科事典 第2版の解説

エンコウガニ【エンコウガニ(猿猴蟹) Carcinoplax longimana】

甲殻綱エンコウガニ科のカニで,甲幅6.5cmに達する(イラスト)。北海道南部から九州の水深30~100mの細砂泥底に分布するほか,東シナ海南シナ海ベンガル湾南アフリカ沖からも記録されている。紅赤色の美しい種で,甲面は滑らかな陶器様の光沢がある。甲は丸みを帯びた四角形で,胃域と心域を分ける浅い溝以外は不明りょうである。幼若個体では甲の前側縁に鋭くとがった2本の歯があるが,成長とともに先端は丸くなり,老成すると完全に磨滅して弱く弧を描くだけとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone