コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンコミエンダ制[フィリピン] エンコミエンダせい[フィリピン]encomienda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンコミエンダ制[フィリピン]
エンコミエンダせい[フィリピン]
encomienda

スペインが植民地経営において,特に功労のあった者に報いるために土地および住民を授与した制度をいう。フィリピン初代総督 M.レガスピは 1572年にこの制度を開始し,16世紀末のエンコミエンダ所有者数は 267人,所属していた先住民の人口は 66万 7612人であった。この制度は世襲であるため,社会的不平等の一大原因となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android