エンピツビャクシン(鉛筆柏槇)(読み)エンピツビャクシン(英語表記)Juniperus virginiana; eastern red cedar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンピツビャクシン(鉛筆柏槇)
エンピツビャクシン
Juniperus virginiana; eastern red cedar

ヒノキ科の常緑針葉樹で,北アメリカ東部に産する。日本産のビャクシン (イブキ) J. chinensisなどと同属の高木。材は柔らかくよい香りがあって鉛筆の材として最良といわれる。また,この材からとる油 (ceder oil) は顕微鏡レンズの油浸用オイルとして最高の品質とされる。欧米では庭園樹としてもしばしば栽植されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android