コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンプラ闘争

1件 の用語解説(エンプラ闘争の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エンプラ闘争

68年1月19日、米海軍の原子力空母エンタープライズが国内で初めて佐世保港に入港。全国から寄港反対を訴える市民や学生らが集まり、警官隊と衝突を繰り返した。「佐世保市史」によると1月16〜23日の8日間に開かれた集会は14回、デモは5回。社会党や共産系、民社系、三派全学連など計約4万7千人が参加した。当時はいざなぎ景気の真っただ中で、街ではザ・タイガースなどグループサウンズの歌声が響いていた。

(2008-01-19 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンプラ闘争の関連キーワードポラリス在日米海軍空母ジョージ・ワシントンエンタープライズAEA米海軍横須賀基地原子力空母ジョージ・ワシントン佐世保と米原子力艦米軍のグアム移転計画関行男

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エンプラ闘争の関連情報