エンプロイアビリティー

ビジネス用語集の解説

エンプロイアビリティー

エンプロイアビリティー(employ ability)とは、雇用される為の能力の事をいいます。

雇用する事を意味する「employ」と能力を意味する「ability」を組み合わせて出来たビジネス用語です。
転職者にとっては転職出来る能力と継続して雇用される能力の2つの意味を兼ね備えています。

転職は決意したその時から職業人生を決める為の選択肢の1つです。
その時に転職者は自分の持っている知識や技術・コミュニケーションスキルなど様々な観点から
企業が雇用したいと思わせるようにしなければなりません。
また雇用された場合は企業に対して雇用を継続希望させる為の努力が必要不可欠である事は
間違いありません。
転職者にとって常に念頭に置くべきビジネス用語のひとつと言えるでしょう。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

エンプロイアビリティー

社会人の「雇用されうる能力」。本来は雇用の流動性を促進するための考え方。企業内でも異動や転職がどれだけ可能か、という個人の能力の尺度として使われる。〈活用例〉従業員教育は、一人一人のエンプロイアビリティーを高めることが目的だ

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

エンプロイアビリティー【employability】

〔雇用可能性の意〕
労働者が持つ、雇用されるにふさわしい能力。流動化する雇用状況の中で、労働者の能力を自律性の観点から捉えた語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android