エンペラ星人

デジタル大辞泉プラスの解説

エンペラ星人

円谷プロダクションによる特撮ドラマシリーズ「ウルトラシリーズ」に登場する宇宙人。初登場作品は『ウルトラマンメビウス』。身長56メートル、体重4万9千トン。かつて怪獣軍団を率いて光の国の侵略を企て、若き日のウルトラの父に倒された異星人として『ウルトラマンタロウ』にシルエットで登場している。『ウルトラマンメビウス』において、同シリーズの怪獣事件の黒幕として正式登場。別名「暗黒宇宙大皇帝」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android