コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーベル Abel, John Jacob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーベル
Abel, John Jacob

[生]1857.5.19. クリーブランド
[没]1938.5.26. ボルティモア
アメリカの薬理学者。 1883年ミシガン大学卒業。 85年からヨーロッパに留学して 91年に帰国。母校の薬理学教授となり,93年からジョンズ・ホプキンズ大学に移る。 99年,副腎の水溶性エキスから血圧上昇物質の抽出に成功し,それをエピネフリンと命名した。高峰譲吉はこれと同じものを翌年,純粋な形で抽出することに成功し,アドレナリンと命名した。エーベルは 1926年にこの物質の純粋な結晶を得ることに成功し,これが蛋白質であることを示した。 32年にジョンズ・ホプキンズ大学の内分泌研究所長となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エーベルの関連キーワードマクミラン(Edwin Mattison McMillan)シュライヒャー(Kurt von Schleicher)イオアン ホーレンダールートウィヒスブルクシュワーベン都市同盟G. ヒールシャーテュービンゲン大学W. フォレスマンコスチンスキー効果ブルーノ ホフマンエーベルスワルデエバーハード効果オッフェンバックインスリン製剤イェーベルランドラゴネッティスパルタクス団エーベルトフトエーバーバッハネプツニウム

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エーベルの関連情報